シンデレラマン

すごく想像どおりの映画だったけど、丁寧に描かれていてなかなかよかった。

レネー・ゼルヴィガーは実力のある、いい女優さんなんだなぁ。
ブリジッド・・・とは全く違った魅力で、控えめな芯の強い女性だった。

ラッセル・クロウのタレ目がカワイイ。
彼が、恥もプライドも殴り捨てて、ただただ子供たちと別れたくなくて、
かつての知り合いにお金を恵んでもらうシーンは本当に切なかった。

それにしても、セントラルパークにあんなに家の無い人たちが集まってテントだらけだった
ことがあったなんて。今のNYからは想像もつかない。

予想どおりハッピーエンドだったけど、見終わった後すがすがしい気分になる映画は
やっぱりいいかも♪

☆☆☆
[PR]
by hishomovies | 2005-11-15 00:46 | Theater


<< 死ぬまでにしたい10のこと ジョゼと虎と魚たち >>