ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女

六本木ヒルズで見てきました。

キャラメルポップコーンを食べ過ぎて胸焼けがしました・・・

ナルニア国シリーズは小さい頃の愛読書で、通常ファンタジーは見ないのですが
(ハリポタもロードオブザリングも見ていない)、ナルニア国は別です。

小さい頃思い描いていたナルニアにかなり近いものでした。

主人公たちが必ずしも美少女・美少年という訳ではなく、本当に普通のイギリスの
子供たちという感じがよかったです。
原作にかなり忠実に描かれていて、アスランの雄大さや女王の冷たい美しさ、
子供たちがナルニアの空気に触れていくうちにどんどんたくましくなっていくさま、
私の想像の世界とかけ離れていなくてよかったです。

戦闘のシーンはとても迫力があり、とても自然で大部分がCGとは思えませんでした。。

フォーンのタムナスさん、やビーバー夫妻がかわいかった!

上質なエンターテイメントです。
ぜひとも映画館でどうぞ。

☆☆☆☆
[PR]
by hishomovies | 2006-03-27 16:09 | Theater


<< 間宮兄弟 僕のニューヨークライフ >>