DEATH NOTE

有楽町で見てきました。

マンガを全部読破してから行ったのですが、キャラクターは私的には
なかなか原作のイメージに近いと思いました。
特に松田!

「前半」というだけに、終わりは「後編へ続く」という感じでした。
いくつかのエピソードはマンガとは違い、また映画独自のキャラもいたりして
結構違ったりもするのですが、これはこれで面白かったです。

久々に水曜日に映画に行ったのですが、さすが1000円になるだけあって
映画館は女性ばっかりでした!

松山ケンイチ、「1リットルの涙」のバスケ部先輩のイメージとは全く違い、
けっこうLっぽかったです。
そうとうダイエットしたんだろうな~

なにしろあんな終わり方だったので、11月公開の続編を見ないわけには
いかなくなりました。。。
[PR]
by hishomovies | 2006-07-01 00:22 | Theater


ダヴィンチ・コード >>