カテゴリ:Theater( 7 )

DEATH NOTE

有楽町で見てきました。

マンガを全部読破してから行ったのですが、キャラクターは私的には
なかなか原作のイメージに近いと思いました。
特に松田!

「前半」というだけに、終わりは「後編へ続く」という感じでした。
いくつかのエピソードはマンガとは違い、また映画独自のキャラもいたりして
結構違ったりもするのですが、これはこれで面白かったです。

久々に水曜日に映画に行ったのですが、さすが1000円になるだけあって
映画館は女性ばっかりでした!

松山ケンイチ、「1リットルの涙」のバスケ部先輩のイメージとは全く違い、
けっこうLっぽかったです。
そうとうダイエットしたんだろうな~

なにしろあんな終わり方だったので、11月公開の続編を見ないわけには
いかなくなりました。。。
[PR]
by hishomovies | 2006-07-01 00:22 | Theater

ダヴィンチ・コード

六本木ヒルズでみてきました。

本を読んでいたのですが、それでも難しかった・・・

これは、やっぱり根本にキリスト教が無い人には理解できない部分も多いのでは
ないでしょうか。

謎解きの部分などよくできているとは思いますが、無宗教の私にはどうしても偶然か、
強引なこじつけにしか思えない箇所がありました。

あと、トム・ハンクス老けたな~。

それにしても、ヨーロッパの街並みは絵になりますね。

☆1/2
[PR]
by hishomovies | 2006-06-11 00:39 | Theater

海猿

海ものにふさわしく(?)、今回はお台場で見ました。

実は、特に海猿が見たくて行った訳ではないのですが、これがちょうどいい時間だったもので。
・・・ということであまり期待はしていなかったのですが、
これがどうしてなかなかおもしろい。
海の男たちがかっこいいのです。

映像も迫力があり、ひたすら彼らの職業をメインに描いているのが好感が持てました。
「あ。加藤あい、いたの。」みたいな。

でも、後半では二人の絆に不覚にも涙させられました。

こういう、自分の危険も顧みず人命救助に命をかける人たちがいて、
私たちの日々の安全が守られているんだな~と思いました。

ぜひとも大きいスクリーンで観ていただきたいと思います。

☆☆☆
[PR]
by hishomovies | 2006-06-09 17:21 | Theater

間宮兄弟

仕事を午後半休して恵比寿ガーデンシネマでみてきました。

原作はかなり好きで、今回も期待でわくわくしながら行ってきました。

どうもお兄さんの演技がわざとらしい気がして最初は「ちょっと・・・」と思っていたのですが、
だんだんそのへんがツボとなり、ドランクドラゴンの塚地のなんとも言えない演技と
合わさって、不思議なワールドへと誘われました。

そこへ、中島みゆき母さんの登場です。
更に別世界へ連れていかれました。

途中、あまりのゆるさ、まったりさで眠くなってしまいましたが、
全体としてはなかなかおもしろかったです。

一部、作る側の内輪ウケみたいのについていけない部分もありましたが、
同時に、ディテールのこだわりにはびっくりでした。

☆☆
[PR]
by hishomovies | 2006-06-09 17:07 | Theater

ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女

六本木ヒルズで見てきました。

キャラメルポップコーンを食べ過ぎて胸焼けがしました・・・

ナルニア国シリーズは小さい頃の愛読書で、通常ファンタジーは見ないのですが
(ハリポタもロードオブザリングも見ていない)、ナルニア国は別です。

小さい頃思い描いていたナルニアにかなり近いものでした。

主人公たちが必ずしも美少女・美少年という訳ではなく、本当に普通のイギリスの
子供たちという感じがよかったです。
原作にかなり忠実に描かれていて、アスランの雄大さや女王の冷たい美しさ、
子供たちがナルニアの空気に触れていくうちにどんどんたくましくなっていくさま、
私の想像の世界とかけ離れていなくてよかったです。

戦闘のシーンはとても迫力があり、とても自然で大部分がCGとは思えませんでした。。

フォーンのタムナスさん、やビーバー夫妻がかわいかった!

上質なエンターテイメントです。
ぜひとも映画館でどうぞ。

☆☆☆☆
[PR]
by hishomovies | 2006-03-27 16:09 | Theater

シンデレラマン

すごく想像どおりの映画だったけど、丁寧に描かれていてなかなかよかった。

レネー・ゼルヴィガーは実力のある、いい女優さんなんだなぁ。
ブリジッド・・・とは全く違った魅力で、控えめな芯の強い女性だった。

ラッセル・クロウのタレ目がカワイイ。
彼が、恥もプライドも殴り捨てて、ただただ子供たちと別れたくなくて、
かつての知り合いにお金を恵んでもらうシーンは本当に切なかった。

それにしても、セントラルパークにあんなに家の無い人たちが集まってテントだらけだった
ことがあったなんて。今のNYからは想像もつかない。

予想どおりハッピーエンドだったけど、見終わった後すがすがしい気分になる映画は
やっぱりいいかも♪

☆☆☆
[PR]
by hishomovies | 2005-11-15 00:46 | Theater

イン・ハー・シューズ

偶然から映画館に初日に見に行くことになった。

キャメロン・ディアスのバカっぷりにはびっくりで、最初は姉のローズの気分でムカムカ
しながら見ていた。

うちのお姉ちゃんも、ローズのような気分で妹の私のことを見ていたこともあるんだろうなぁ。
思わず帰りに電話してしまった。

マギーは実はすごくコンプレックスを持っていて、自分に自信がなくて、そんな不安を
払拭するためにああいったばかげた行動をとってしまっていたんだと思う。

フロリダで、自分の娘(ローズ&マギーの母)についていつまでも後悔をしている祖母と
一緒に住むことにより、少しずつ自分に向いていることを見つけて、人のことを考える
余裕も出てくる。

病院の盲目の教授や、祖母の友達と接することにより、だんだん将来が見えてくる。

ローズと婚約者の出会い方もいいし、全く期待していなかったが、とても面白くて
いい映画だった。

老人たちがSex and the Cityを見ながらカクテルコスモポリタンを飲んでいたのが笑えた。

おもしろかった。

☆☆☆☆
[PR]
by hishomovies | 2005-11-12 23:25 | Theater